激増書庫

将棋と本についてのメモ

大会:赤旗名人地区予選(2017)

本日、大阪市の某地区での予選が行われます。私は告知ポスターを見かけて、急いで申し込みました。 ここ半年は、仕事と棋譜並べと語学ばっかりしていたので、大会は久方ぶり。残念なことに、問い合わせても持将棋ルールや持ち時間は不明のまま。 近隣の地区…

羅列004

公開するの忘れていた。 〇 at プラス叢書01 二千年紀の社会と思想 大澤真幸 / 見田宗介 http://www.ohtabooks.com/publish/2012/04/12202437.html02 世界経済の大潮流――経済学の常識をくつがえす資本主義の大転換 水野和夫 http://www.ohtabooks.com/publis…

羅列003

夏の準備のために休みと予算が減っていく。 必然的に趣味に使えるお金が少ない状態になるので、古本市場とBOOK・OFFへ行ってきた。もちろん買うのが目的です。 〇ここ2日で買った本。最初の三冊は、私が勉強を教えている生徒向けに見繕った品。もうすぐ夏休…

一時メモ

・昨日の対局から。雁木に早繰り銀。古くて新しい線型。 ・以前から 、「▲6八銀に△4四歩と(角換わりを拒否)された場合、先手は雁木にすべきか」が個人テーマだったので、今回の序盤戦はとても嬉しい。・リンクhttps://shogidb2.com/games/57a4eeea92ab37ea…

羅列002

太田出版の『at プラス』シリーズが休刊するというニュースを聞いた。そこでの連載を書籍化したものを何冊か読んでいたことを思い出し、バックナンバーを調べてみた。こんな感じ。 前身の『季刊at』は、農業やフェアトレードの特集がかなり多い。『at プラス…

記事いくつか

2017.06.09の日経新聞から一部引用。《ブラジル》王将戦=14歳VS84歳の真剣勝負=患苦の青木八段、一手差制す=勝負の分かれ目は「気迫」 http://www.nikkeyshimbun.jp/2017/170609-71colonia.html ブラジル将棋連盟主催の『第45回全伯王将戦大会』…

ことば002 銀を上がる

こんなツイートを見かけた。https://mobile.twitter.com/murase_yodan/status/869934170847367169“ 将棋に関する社内からの問い合わせあるある③ 「『○○は銀を上がった』(自動詞)という表現は変じゃないの? 『○○は銀を上げた』(他動詞)では?」 言われて…

ことば001 見損ねる

■ 会話やwebで「見損ねる」を聞くようになった。味噌をこねて何を作んねん。と会話中に思い、それもアリかと思い至った。なんにせよ私が触れたことのなかった表現なので、数ヶ月ほど気にかかっていた。そして、先月の引っ越し以来封印していた国語辞典をやっ…

棋譜検討008:相振り飛車

かつて将棋年鑑で並べた棋譜。 転載元:https://shogidb2.com/games/94ce6b08d7e946a46f567bcffa08c42c5fb0f55d 開始日時:2014/08/27 棋戦:順位戦 場所:東京将棋会館 手合割:平手 先手:窪田義行 後手:高橋道雄 戦型:相振飛車▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 …

棋譜検討007:相振り飛車/入玉

スマホから更新。 戦型は古風(伝統的)な相振り。 序中盤の先手はかなり苦しい感じ。当初の予定というわけではなさそう。 私もこの戦型は沢山指したが、先手からの押さえ込みは後手に歩を渡さずにできれば有望だが……という程に条件が厳しい(無論アマチュア…

中住まいの美学

千田さんの序盤作戦に驚く。https://shogidb2.com/games/b9c20c22779e6db93b90d918ea48da7f343ccdee

棋譜検討006 ▲向かい飛車→4八飛戦法 vs. △居飛車穴熊志向

2016年夏の実戦を振り返ります。このカードは二回目の対戦。2年ほど前には相振りで対局したことがあります。記事末尾にBonanzaの解析結果を載せておきます。 場所は田舎の将棋倶楽部。机・椅子はいい感じ。煙草なし。10メートル先には缶専用の自動販売機。時…

13手詰

久しぶりにネットで将棋に触れた。面白い形の詰将棋を見かけたので、転載します。 おはようございます☀昨日夜な夜な作った詰将棋です初めてまともな詰将棋が作れましたよかったら考えてみてください(山根) pic.twitter.com/5CeDIQQyTJ — 西遊棋実行委員会 (@…

大会

結果報告。 ■学生選手権(2017.03.25 21:00記) 時は3月26日(日)、所は東大阪。学生5人組で争う団体戦。 強豪大学や、高偏差値高校が参加するため、上位は激戦になる。翌日の個人戦にいたっては、四段程度ではベスト8も難しいだろう。 強豪とぶつかることが…

棋譜検討005

大野‐高島戦(1959年11月)から。 ・向かい飛車 vs 三間飛車のオープニング。 ・先手は矢倉に組み、後手は美濃囲い+石田流本組。 こうなると後手の左辺が狭い。そこまで、後手がおとなしくしすぎたようだ。 ・ここを切り取ると、後手は現代的な構えだ。 開始…

記事いくつか

2017年 いい記事でした(執筆:神田憲行)。 news.yahoo.co.jp 2013年 矢倉▲4六銀型についての、気合の入った記事群。 「Ponanza新手の意義1」~「Ponanza新手の意義5」 2013-06-04 - 裏技3000 2012年 四間穴熊対銀冠|Thousand Days 四間穴熊対銀冠 #2|…

羅列001

テーマ:スケールの大きい本 『銃・病原菌・鉄』 『病の世界史』 『ヨーロッパの帝国主義』 『暴力の人類史』

棋譜検討004 先手ゴキゲン中飛車

『升田名局集』に掲載されている棋譜から。 ・四手目△3四歩(A)は(定跡の未整備とかではなく)意図的なもので、5筋の位取りをを伸びすぎとみている。むしろ、それ許容し反発する狙い。 ・△4三銀型の囲いは、超速全盛の現代でも稀に見かける。というか、…

はてな001 キーワードリンクの消し方

0-chromosome.hatenablog.jp ・「ガイド」より。 d.hatena.ne.jp こういう手ある。私的にはベスト。 ■ ちょっとした更新だけで更新 「ちょっとした更新」で日記を書き続けると、キーワードリンクが発生しません。〔……〕自動トラックバックが起こらなくなるの…

メモ:愛用の戦法がまた一つ……

話題 立石流四間飛車という古い角交換振り飛車がある。関西会館の道場でも通じる立派な(そして深みとコクのある)戦法だ。 しかし、Google検索で「たて‐いし‐りゅう」を調べたところ、嫌なニュースが。 以下、こいなぎさんのツイートを転載。 【2016ponaの…

棚瀬さんのついったを見る

こんにちは。将棋は四段ですが碁は級位者です。適性がなかったのですが、下手の横好き状態が続いています。 囲碁にかんして、興味深いツイートがあったのでメモします。 囲碁クエストに19路入れる場合は、9路または13路のレーティング1300点以上しかプレー出…

あまり「24」のレーティングは気にしない

疑問 知り合いとの質問コーナー (Q) 棋力はアマチュア三段くらいです(関西会館にて)。しかし将棋倶楽部24だとレートが上がらず級位のままです。週に6回ほど対局するペースで2年かけても、遅々としたままです。 (A) 実力があらわれやすいように(ま…

推理将棋のかほり

下記のツイッターでその「頁」を知る。 ものすごく該博な知識とセンスと有り余る時間をもてあましている人が作ったページだと思われる。https://t.co/moLbWxIMjg — 斎藤清二 (@SaitoSeiji) 2017年1月4日 実際に小一時間ほど見てきた。以下のサイト。 思いつ…

自分の棋譜:相振り

ひさしぶりに24でネット対戦をした。2016年の指し納め。 一局目 戦型は、中飛車vs.三間飛車。私は後手番。 下の図は、序盤のとある場面。先手が8筋で動けないことと、△5四歩から一歩交換できることを考慮すると、後手がよさそう。 二局目 開始日時:2016…

経済学の観念史

Frank H. Knightさんが1973年ごろにお書きなすった“Economic History”という、長い文章があります。私の好きな一節(?)をどうぞ。 日本では1990年に刊行された『西洋思想大事典』(平凡社)で、上山隆大さんの訳文と格闘できます。 【経済学という観念】 分析…

予想通りに不条理だった

この見出し「将棋 “三浦九段の不正認める証拠なし” 調査委発表」(2016年12月26日 15時14分)。 将棋の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いを指摘され、年内の出場停止処分を受けた問題で、日本将棋連盟が設けた第三者による調査委員会は「…

棋譜検討003 ▲左穴熊vs△ 片美濃+52銀

今回は序盤の勉強。 24手目(△5二銀)は、中飛車左穴熊(ヒダリー)でも、特にアツい課題局面。 後手は囲いをダイヤモンド美濃へ発展させることもあれば、本譜のように、仕掛けて「低くて堅い」を自慢することもある。 後手のこの対策は、『藤森流中飛車左…

骨の髄まで 2

2016年になって、コレである。 田端 信太郎 on Twitter: "「どうして、ただただまじめに勤労する女性が苦しむのか」って、「ただマジメに勤労」してるだけだからだよ。司書やるなら、自分の企画で図書館に客が集まるランクにならなきゃねぇ。>月収13万円、37…

骨の髄まで 1

極端な世間知らずだった私は、大学初年度には色々なカルチャーショックを受けた。些細なもの(吐くまでビールを飲む催しをする未成年とか)は置いといても、最大の衝撃は、頭よさげな人との会話の中で起きたやつだ。 5月ごろ、勉強会チックなサークルの幹部…

コンビニの小さな本

小さい本 コンビニの雑誌コーナーには、表紙を伏せてほしいくらいの「18禁」(本屋から追い出された?)や、今後もずっと読まないであろう雑誌が沢山揃えてあるので、立ち読みせずとも表紙を眺めるだけで楽しい。まあ半年に一回くらいなら。 私の近所のセブ…