読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激増書庫

将棋と本についてのメモ

棋譜検討

棋譜検討008:相振り飛車

かつて将棋年鑑で並べた棋譜。 転載元:https://shogidb2.com/games/94ce6b08d7e946a46f567bcffa08c42c5fb0f55d 開始日時:2014/08/27 棋戦:順位戦 場所:東京将棋会館 手合割:平手 先手:窪田義行 後手:高橋道雄 戦型:相振飛車▲7六歩 △3四歩 ▲6八飛 …

棋譜検討006 ▲向かい飛車→4八飛戦法 vs. △居飛車穴熊志向

2016年夏の実戦を振り返ります。このカードは二回目の対戦。2年ほど前には相振りで対局したことがあります。記事末尾にBonanzaの解析結果を載せておきます。 場所は田舎の将棋倶楽部。机・椅子はいい感じ。煙草なし。10メートル先には缶専用の自動販売機。時…

棋譜検討005

大野‐高島戦(1959年11月)から。 ・向かい飛車 vs 三間飛車のオープニング。 ・先手は矢倉に組み、後手は美濃囲い+石田流本組。 こうなると後手の左辺が狭い。そこまで、後手がおとなしくしすぎたようだ。 ・ここを切り取ると、後手は現代的な構えだ。 開始…

棋譜検討004 先手ゴキゲン中飛車

『升田名局集』に掲載されている棋譜から。 ・四手目△3四歩(A)は(定跡の未整備とかではなく)意図的なもので、5筋の位取りをを伸びすぎとみている。むしろ、それ許容し反発する狙い。 ・△4三銀型の囲いは、超速全盛の現代でも稀に見かける。というか、…

自分の棋譜:相振り

ひさしぶりに24でネット対戦をした。2016年の指し納め。 一局目 戦型は、中飛車vs.三間飛車。私は後手番。 下の図は、序盤のとある場面。先手が8筋で動けないことと、△5四歩から一歩交換できることを考慮すると、後手がよさそう。 二局目 開始日時:2016…

棋譜検討001

先手四間飛車穴熊 前置き 2011年の王位戦の第七局を題材にします。ブログに不慣れなので、図面はあとで加えていきます。下の案内を見ながら。 help.hatenablog.com 棋譜リンク 棋譜でーたべーす: http://kifdatabase.no-ip.org/shogi/index.php?cmd=kif&cmd…