読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激増書庫

将棋と本についてのメモ

棋書を読む001

作品集

 昨年、めっちゃ背伸びして『盤上のファンタジア』を買いました。週に一題ずつ解こうとしています。

 著者は若島正(わかじま ただし)氏。本書を知るまでは、海外文学の翻訳者の方と思っていました。いずれの業界でも有名な方のようです。

 

トレーニング

 底上げのために、簡単な詰将棋を中心に、日に50~100題ぐらいを解いています。どうやら、若い有段の(向上心のある)方は、少なくともこの程度はこなしているです。

 手元にある短手数の本は、『新5手7手詰めパラダイス 』(マイコミ将棋文庫 2009)やハンドブックシリーズのみ。増やしたいなあ。