激増書庫

将棋と本についてのメモ

奇襲とは

 

 棋書といえば定跡系が多いし、そうあるべきだと思うようになってきた。数が蓄積されてきたにもかかわらず、マイナー戦法を載せているものは少ない。つまり、マイナー戦法本(=「奇襲本」)自体がマイナーだ。

 

 

島ノート 振り飛車編

島ノート 振り飛車編

 

  あまり奇をてらった戦法の要素はなく、振り飛車小事典という内容。

 

 

奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)

奇襲大全 (マイナビ将棋文庫)

 

一方こちらは、「攻撃重視」で「露骨なハメ手」もふんだんで「scaring」な例がたくさん。 書名は一番有名だと思う。ただ惜しいことに、私は本書のノリについていけなかった。

奇襲振り飛車戦法 ~その狙いと対策~ (マイナビ将棋BOOKS)

奇襲振り飛車戦法 ~その狙いと対策~ (マイナビ将棋BOOKS)

 

 とても教育的。

奇襲研究所 ?嬉野流編? (マイナビ将棋BOOKS)

奇襲研究所 ?嬉野流編? (マイナビ将棋BOOKS)

 

「嬉野流」もいいネーミングだが、 勝手に「なんでも引き角」と呼んでいる。

 

神戸発 珍戦法で行こう (MYCOM将棋ブックス)

神戸発 珍戦法で行こう (MYCOM将棋ブックス)

 

 いい本。

 

米長の将棋 完全版 第三巻

米長の将棋 完全版 第三巻

 

 旧『米長の将棋 第六巻』掲載の「角頭歩戦法」がある。