激増書庫

将棋と本についてのメモ

作品への評判と自国への偏見

 眞嶋亜有『「肌色」の憂鬱』をダラダラ読みながら、むかし読んだ内村鑑三遠藤周作の著作を思い出していた。二人とも人種・言葉の差異に直面した日本人として登場する。

 その最中にタイムリーなエピソードを発見。

 遠藤がものし(そして西欧で評価され)た、ある作品に対し、「日本の恥部を世界に晒してどうするんだ!」という内容のご批判が届いたらしい。

 

 いらん心配だろう。「どの国でも(そういうことは)ある」と推測したり知っていれば、この手の杞憂を抱きはしない。

「肌色」の憂鬱 - 近代日本の人種体験 (中公叢書)

「肌色」の憂鬱 - 近代日本の人種体験 (中公叢書)

 

 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)